忍者ブログ
身のまわりの虫や草木をその名とともに書き留める写真weblog。ときに雑感など。
1 2 3 4 5 6 7 8 9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

100919_50D_h008_up101110.jpg100919_50D_h009_up101110.jpgマツムシ(オス)。先に載せたウマオイ同様、刈りとられた草の中から姿をあらわした。








拍手

PR
100919_50D_h005_up101031.jpg100919_50D_h006_up101031.jpg近所では、ある放棄された小さなため池周辺の草むらに局地的に生息。その一帯にさらに人為的な作用が加われば、いっきに姿を消してしまうのではないか。







拍手

100919_50D_h003_up101031.jpg100919_50D_h004_up101031.jpg全身赤色。しかし、いわゆるアカトンボのなかまであるアカネとは別の種類のトンボ。








拍手

100919_50D_005_up101017.jpg100919_50D_006_up101017.jpg










この日、近所の池では草刈りが行われていた。それまでやぶのように茂っていた草は短く刈り取られ、その中から普段は見かけない虫の姿を目にする機会を得た。

拍手

090614_006.jpg091004_50D_007.jpg










091004_50D_006.jpg メス(上2段)、オス(下2段)。
近所ではもっともよく見かけるアカトンボ。









090729_50D_015.jpg090902_50D_004.jpg










100919_50D_004_up101017.jpg100919_50D_003_up101017.jpg









拍手

100905_50D_h005_up101006.jpg100905_50D_h004_up101006.jpgため池の土手の草地に隠れていた、ツノトンボ(メス)。トンボのなかまではなく、ウスバカゲロウやクサカゲロウに近いなかま。







拍手

100826_30D_h001_up101006.JPG100826_50D_h001_up101006.jpg庭先のカエデの枝に営巣。ひとくちにアシナガバチといっても、巣の形はさまざま。









100826_50D_001_up101006.jpg









拍手

Template by 小龍的徒話
Arranged by 石丸
JavaScript by Customize in Ninja Blog
忍者ブログ / [PR]