忍者ブログ
身のまわりの虫や草木をその名とともに書き留める写真weblog。ときに雑感など。
1 2 3 4 5 6 7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

110505_50D_001_up110807.JPG110505_50D_002_up110807.JPG










100425_50D_h001_up100518.jpg100425_50D_h002_up100518.jpgサナエトンボは春の初めにいち早く発生するトンボ。盛夏をむかえるころには、もう姿を消してしまう。

更新が遅れているので、駆け足で写真を載せる。気のついたことなどは後日に付記する。





拍手

110417_50D_h001_up110608.JPG110417_50D_h002_up110608.JPG隣の畑の片隅に植栽したもの。シャクヤク、ボタンとならび称されて、華やかな印象のある花だが、ヤマシャクヤクにかぎっては、原種らしい素朴さがある。







拍手

110411_50D_h001_up110608.JPG今年の春はなかなか暖かさが浸透せず、草木の開花や虫の出現が遅れている、あるいは狂っている気がする。そんな中で平然と飛びまわるベニシジミがいやにめだった。

Web拍手、コメントありがとうございます。やや放置ぎみのこのweblogにおいて、遅れながらも拝見しています。コメントへのお返事など、準備の有無もふくめて検討中です。またあらためて運営等のカテゴリでご案内します。




拍手

110411_50D_002_up110608.JPGこれまでテングチョウは、はじめて目にした印象から、秋に見かけるチョウという認識であったが、ある方から「春に現れるチョウ」という話をもうずいぶん前にうかがった。そのことがふと思い出された。






拍手

090405_015.jpg090405_016.jpg










100404_30D_001_up100422.jpg100404_30D_h001_up100422.jpg










110410_30D_h004_up110608.JPG110411_50D_h004_up110608.JPG昨年は時期にやや遅れて、しぼんだ花ばかり見るはめとなったが、なんとか今年はまにあった模様。わたしの感覚よりも花期が早く、この日撮影できるとは思いもよらなかった。






拍手

100314_30D_001_up100324.jpg110410_30D_h002_up110422.JPGクサイチゴは早くも満開の時期を過ぎかかっていた。








拍手

100314_50D_001_up100330.jpg春の七草・ホトケノザ。
昨年、この花を撮影した近所の田圃は、再び耕されることもなく、荒地と化しつつある。この土地では勢いのある草におされて、そのうち姿を消してしまうのかもしれない。







100314_30D_h001_up100330.jpg110410_30D_h001_up110422.JPG主に耕作前の春の田圃で見かけられるコオニタビラコだが、先日、水の引いたため池の岸をめぐっていると、生い茂ったダンチクの根元に黄色い花の群落を見つけた。存外、この草はたくましい。






拍手

110410_30D_001_up110422.JPG道すがら、サギゴケの群落に目がとまった。湿った地を好むこの草が、日当たりのよいところにあったのが少し奇異にみえたのだが、なんのことはない、付近で水がしみ出していた。







拍手

Template by 小龍的徒話
Arranged by 石丸
JavaScript by Customize in Ninja Blog
忍者ブログ / [PR]