忍者ブログ
身のまわりの虫や草木をその名とともに書き留める写真weblog。ときに雑感など。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

110306a.png今年の啓蟄はあいにくの雨だったが、前日の土曜日は日中、穏やかな陽気だった。この日、祖父の法事があり、約2年ぶりに叔父の家を訪ねた。かつてこの家は南の一角に祖父が世話をしていたイチゴのハウスや果樹園があり、その周囲を広い田圃が取り囲んでいたが、今では一面、ブルーベリーの低木が作付けされ、随分と景観が変わってしまった。

読経をあげた後、北面の小山のふもとにある先祖の墓地へと向かい、線香をあげ、供え物を分けあった。墓地の片隅に黄色い菜の花を見つけた。花にはミツバチが1頭訪れていた。視線を落とすと、葉の上に羽化したばかりのヒメハナバチの姿を認めた。

拍手

PR
100306a.pngチョウの出現に続いて、昨日(3月5日)、庭先でヒメハナバチやツツハナバチなどの、ハナバチ類の出現も確認できた。屋外の大水槽では、イトトンボのヤゴの動きも活発で、今年の昆虫類の活動はいよいよ、本格的になろうとしている。ただ明日以降、ふたたび寒の戻りがあるとのこと。虫たちは、今しばらく寒さを耐えしのばねばならない。




拍手

Template by 小龍的徒話
Arranged by 石丸
JavaScript by Customize in Ninja Blog
忍者ブログ / [PR]