忍者ブログ
身のまわりの虫や草木をその名とともに書き留める写真weblog。ときに雑感など。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

100124_30D_001_up100210.jpg100124_50D_h001_up100210.jpg










100124_50D_001_up100210.jpgこの池の異様な赤さを目にしたとき、赤潮のような、プランクトンの異常発生を連想させたが、その実態は水面に敷きつめられていた浮き草であった。
アカウキクサは水生のシダ類で、日本ではアカウキクサ、オオアカウキクサなどの在来種が知られる。しかし、近年それらの種は数を減らしており、それらと置き換わるように、外来のアカウキクサ近縁種が繁殖しているそうである。この池のアカウキクサも、外来のものであることが容易に想像される。

拍手

100104_50D_006_up100202.jpg昨年末ごろから、シダ植物の多様さに気づいて撮るようになった。じつは、正月のしめ飾りに、おなじシダ植物であるウラジロを用いるので、近所に自生していないか、撮影に出歩く際に探していたのが、そもそものきっかけといえる。ウラジロを用いるのは、この辺りだけの慣習かと思っていたが、意外に広く用いられるらしいのを最近になって知った。
年が明けてすぐに撮ったシダ植物が、画像のアオガネシダ。チャセンシダ科に属する。



100104_30D_h006_up100202.jpg昨日の日曜日(2月1日)は悪天候で、正午を過ぎたころは雨がひどかった。3日の節分の飾りに用いる、オニグイ(タラノキ)を採りに行きたかったが、かなわなかった。ここ数年は店で売られているものを買って済ませており、自生地を求めていた。販売されているオニグイは意図的に削られたのか、棘が少なく、とても鬼を追い払えそうにない。




拍手

091201_30D_h001.jpg091201_30D_h002.jpg091201_30D_003.jpg

ゼンマイ(推定)。ゼンマイ科ゼンマイ属。
山菜として知られる若芽のゼンマイの印象とはかけ離れている。

拍手

091029_30D_004.jpg091029_30D_005.jpg

091029_30D_006.jpg091029_30D_007.jpg

ホシダ(推定)。ヒメシダ科ヒメシダ属。

拍手

091029_30D_001.jpg091029_30D_002.jpg

091029_30D_003.jpg




ウラジロ科コシダ属
この日、いろいろシダ類のなかまについて当たっていたが、普段見かける草に、意外にもシダのなかまが多いことに気づいた。葉の形にもそれぞれ特徴があることが分かる。


拍手

Template by 小龍的徒話
Arranged by 石丸
JavaScript by Customize in Ninja Blog
忍者ブログ / [PR]