忍者ブログ
身のまわりの虫や草木をその名とともに書き留める写真weblog。ときに雑感など。
1 2 3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

091021_30D_001.jpg



オス。前翅長55mm。
フジバカマの花の咲く10月末ごろ、南方へと向かう途上のアサギマダラが、この花を目あてに庭先へ訪れる。今年見かけたのは画像の個体を撮影した日のみ。足早に去ったか、それとも、より良い休息場を見つけたか。(091025)

拍手

PR
091004_50D_004.jpg091004_50D_005.jpg

090906_50D_029.jpg

090906_50D_028.jpg







イシガキチョウとも。前翅長30mm。
イヌビワに発生していた幼虫もあわせて載せておく。

拍手

091003_50D_006.jpg091004_50D_009.jpg

091025_50D_q001.jpg




前翅長15mm。
例年9月半ばから10月にかけて、よく見かけるようになる。これらの個体は、今年に南方より発生と移動を繰り返した群で、ここでの越冬は困難と思われる。

拍手

090819_50D_006.jpg090909_50D_005.jpg

090911_50D_001.jpg090829_50D_009.jpg

090901_50D_001.jpg090901_50D_h002.jpg090904_50D_h001.jpg

090902_50D_001.jpg090906_50D_h004.jpg090909_50D_h001.jpg

マダラチョウ科(タテハチョウ科マダラチョウ亜科とも)。前翅長35mm。
この地域では迷蝶とされる。実際に見るのは10年ぶりくらいか。

091029_30D_008.jpg091029_30D_009.jpg

091029_30D_010.jpg091029_50D_h001.jpg091029_50D_h002.jpg

10月末、フジバカマに飛来するカバマダラを見た。
3次発生の個体であろうか。
庭先のフウセントウワタには、羽化にしくじり干からびた死骸があった。(最下段右)

拍手

090715_50D_003.jpg090715_50D_002.jpg090820_50D_003.jpg

090816_50D_002.jpg090816_50D_003.jpg091015_50D_h002.jpg091015_50D_h001.jpg

メス(上段左・中央)。オス(上段右)。
前翅長33mm。


拍手

« NEW |
Template by 小龍的徒話
Arranged by 石丸
JavaScript by Customize in Ninja Blog
忍者ブログ / [PR]